プロフィール

yunchan1

Author:yunchan1
韓国はソウルに住むコーヒーが大好きな女の子です。
(狂っていると言ってもいい!)
コーヒー好きが昂じてコーヒー関連のコラムを書いたりしています。
海外のコーヒーショップにも出かけて行ってコーヒーを飲んでいます。
日本にもちょくちょく来ていますよ。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型コーヒーチェーン全盛期‐その2「有名チェーン店、2,000店舗突破」

極最近、有名チェーン店の店舗数が2,100を超えたという記事を読んだ。年末まで300店舗がオープン予定だというから、2,400店舗になる見込み。

STARBUCKS COFFEE(318店),ANGEL IN-US COFFEE(311店), EDIYA COFFEE(310店), CAFÉ BENE(270店), HOLLY’S COFFEE(248店), TOM N TOMS(197店), COFFEE BEAN(194点), DAVINCI COFFEE, TWOSOME PLACE, PASCUCCI, ESPRESSAMENTE ILLYが全国で運営中の店は、2,144に達した(8月27日現在)。

特に、業界トップのスターバックス・コーヒーとエンジェリナス・コーヒーは、流通企業のシンセゲとロッテ系列間なので、その競争はもっと激しい。エンジェリナスは昨年だけで103店舗、今年80店舗が新しくオープンし、攻撃的に領域を拡大している中、今年はカフェBENEという国産ブランドのチェーン店がが急激に成長していて、業界の競争図を書き直している。

2008年4月看板を上げたカフェBENEだが、2年間で270年店舗をオープンし、9月まで30店舗がオープン予定である。しかも、年末まで100店舗を増やし、業界トップに上り詰めるという目標を掲げている。

なぜ、こんなにコーヒーチェーン店が増えているのだろうか。これは単純にコーヒー好きが増えているだけではなく、人と人が「集う場所」としての機能が大きくなったからだと思う。

待ち合わせの場所、サラリーマンが会議室の代わりに使う打ち合わせの場所、一人で時間を楽しむ場所など、都会の人には第二、第三の空間としての意味が大きくなっているのだ。 

いつか読んだ雑誌では、コーヒーショップをオフィス代わりに使う人が増え、このような人たちを「Coffice族」と読んでいるという。つまり、その「コフィス族」も増え、そして、若い層を狙い繁華街では24時間営業するお店も、珍しくない。これぞ新しい生活空間なのかもしれない。 

経済成長期の80年代に3万軒近くあった、喫茶店はいつの間にか姿を消したが、その代わりになるものがその間なかったのかもしれない。

もはやコーヒーショップに足を運ぶ理由は、コーヒーを飲むためだけではない。

そして、ほとんど都会だけに集中していたコーヒーチェーン店が地方にまで拡大したら、これらのチェーン店がしばらくは増え続けることは間違いない。

yun108301.jpg


STARBUCKS COFFEE http://www.istarbucks.co.kr/ 
ANGEL IN-US COFFEE http://www.angelinus.co.kr/
EDIYA COFFEE http://www.ediya.com/
CAFÉ BENE http://www.caffebene.co.kr/main/ 
HOLLY’S COFFEE http://www.hollys.co.kr/ 
TOM N TOMS http://tomntoms.com/ 
COFFEE BEAN http://www.coffeebeankorea.com/ 
DAVINCI COFFEE http://www.edavinci.co.kr/ 
TWOSOME PLACE http://www.twosome.co.kr/ 
PASCUCCI http://www.caffe-pascucci.co.kr/ 
ESPRESSAMENTE ILLY http://www.espressamenteilly.co.kr/

スポンサーサイト

韓国のコーヒー話(5) コクのある喫茶店:バオバブ・ナム

yun108281.jpg

<イさん(左)と奥さん(右)>


オーナーのイ・ジョンシンさんとの付き合いも、あれこれもう7年くらい経つんだろうか。有名な貿易会社に勤めていた彼が、自家焙煎コーヒー屋を始めたのも今年で9年目。

イさんが「バオバブ・ナム」を始めた理由は、栃木県にある「柳カフェ」という喫茶店に行って、カルチャーショックを受けたから、という。学校のフェンスの下に構えるお店は、当然学生の客がおおく、マスターは学生たちに人生の話をしてあげたり、何か面白くてためになる話を用意して待っていたりした。また、二坪あまりのお店は、学生たちのコミュニケーションの場としても使われていた。しかもコーヒーの味は、抜群に美味しかった。「これは韓国にはない文化だ」と、感動を受けたという。そして、いつかはこのような「人が人とむすばれ喫茶店を開こう」と決心したという。

yun108282.jpg


そして今、イさんが営む「バオバブ・ナム」は、私の「柳カフェ」になっている。人で溢れるお店ではないが、ほとんどのお客さんが常連で、みなイさんに感謝している人ばかり。お店の看板の入れ替わりが激しいソウルで、10年近く同じ場所でコーヒーを入れてくれるなんて!

「バオバブ」には、自由に書き込みが出来るノートが一冊おいてある。それを開くと、なんと「へぇ、この人も来たの?」とビックリするほどの有名人の書き込みもあったりするのだ。政治家や教授、タレント、アーティストたちはもちろん、たまにはその書き込みをみて、しばらく連絡が途切れてた人たちが、イさんを通じて再会できたことも何度があったというからまた面白い。

yun108283.jpg


ブレンド:5,500ウォン、エスプレッソ:5,000ウォン、カフェラテ:6,000ウォンと韓国では決して高くない価格設定。しかし、一点だけ私の気に触る(?)ところがある。

どんなコーヒーを頼んでも、「濃くしますか、薄くしますか」と聞き、お湯をテーブルまで持ってきて薄めてくれるのだ。これなら「お店の味」というのが分からないじゃないかと私は思うのだが、これがまた韓国的な気配りだという。「大体の人は濃度を調整してくれることを喜ぶから、仕方ないんだよ」。はやり私は普通の韓国人から少々ずれているんだろうか。

こう文句(?)をいう私だが、イさんのお店が20周年、30周年を迎えて、私がその場に居合わせてあげたい気持ちは誰よりも大きい。そして、毎月開かれる(イさんご自慢の音響施設を使った)クラシック鑑賞会も、ずっと続いて欲しい。

バオバブ・ナム http://baobabcoffee.com/
 

韓国コーヒー話(4) 大型コーヒーチェーン全盛期??


最近、町中を歩くとき、人ごみの隙間から目に入ってくるのは、コーヒーフランチャイズ店の看板、看板、看板。スターバックスの向かい側にスターバックス、その横に並んでCoffee BeansとAngel in-us Coffee、一軒置いてEDIYA、Tom n Tomsなど、100m以内に20件ものコーヒーショップが並んでいるところも、そう珍しくない。

yun1.jpg

その中でも、最近もっとも勢いのあるチェーン店は、Café BENEとAngel in-us Coffee。もともと韓国は、特に繁華街のお店は流行に敏感で、看板の入れ替わりが激しい方だが、最近は新しく出来たと思ったら、「ここもコーヒーショップ?」「ここもCafé BENEなの?」と思うほど。

yun2.jpg


チェーン店があまり好きではない私は、なんでそんなに人気なのかまったく分からず、最近よく使ってるTwitterのFollowerに聞いてみた。「カフェ・ベネのとこが魅力なのか」と。そしたら、「有名な女優を起用したマーケティング、攻撃的な店舗拡大、空間作りががアンチックで、サイドメニューが豊富、、」などが上がってきた。残念ながら、「コーヒーが美味しいから」などのコメントはなかった。そして、人気ドラマの中で登場したことが起爆剤になったらしい。さすがドラマ好きの国民性が垣間見れる。

もうひとつのチェーン店、 Angel in-us Coffeeだが、やはりドラマの中で主人公が展開するコーヒー事業のブランドとして堂々と登場した。名前こそ違うが、どこから見ても間違いなく「天使」の店なのが分かるのだ。
しかも、ドラマの中でこう言うのだ。「よそは海外から焙煎して運送時間がかかるので新鮮ではない、うちは国内で焙煎した新鮮なものを使っている」と。途中で見るのを止めたので、最後はどうなったか分からない。

yun3.jpg


現実に戻って、国産のブランドだったら、ギャランティーが無いのでコーヒーの値段も安いはずだが、スターバックスよりも高いからびっくり。要は、もっとも人通りが多い繁華街にお店を構えるので、賃貸料が高く、値段がその分高くなるという。
l エスプレッソ:400円位、カフェラテ:500円位(4,000ウォン~6,000ウォン)

私もキムチナベ5,000ウォンのランチを食べて、5,000ウォンのコーヒーは飲みたくないものだが、知らない町に行った時、道に迷ったりしたら、これらの看板を見つけたときには正直ホッとしてしまうから不思議。コーヒーが町に溢れることは幸せすぎる位だが、流行に流されすぎて、肝心なものをどこかに忘れてしまったような気がしてならない。

Café BENE : http://www.caffebene.co.kr/main/ 
Angel in-us Coffee : http://www.angelinus.co.kr/ 
Tom n Toms : http://tomntoms.com/
 

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。