プロフィール

yunchan1

Author:yunchan1
韓国はソウルに住むコーヒーが大好きな女の子です。
(狂っていると言ってもいい!)
コーヒー好きが昂じてコーヒー関連のコラムを書いたりしています。
海外のコーヒーショップにも出かけて行ってコーヒーを飲んでいます。
日本にもちょくちょく来ていますよ。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方出身、有名になってしまった!(1)― テグ(大邱)の珈琲ミョンガ


ソウル発ではなく地方出身の喫茶店が、これほど全国にその名を知らせたのは韓国ではとても珍しいことだと思う。紹介する二つのお店は、ソウルから車でそれぞれ3~4時間ずつ離れたところにお店を構えている。

・今年20周年を迎えた 珈琲ミョンガ
1112.jpg


珈琲ミョンガがオープンしたのは1990年、当時はソウル市内でもやっと珈琲専門店が表れる頃で、まだ地方にはインスタント珈琲を入れて出すお店が殆どだった。

オーナーのアンさんは、大学卒業直後、自家焙煎珈琲店をオープンした。焙煎機を自分で作ったというから驚き。そして、20年経つ今も相変わらず同じ看板を掲げている。それだけでも、私には感激であり、そして敬意を払うほどである。なぜなら、年に2回ほどお店が変わるくらい、特に食べ物に関しては、流行に敏感な韓国の環境だからこそ、20年という数字は半端ではないのだ。

今は直営店が2箇所で、のれん分けした店舗が8箇所もある。本店では、お客の95%が女性で、週末は250~300杯も売れるほど繁盛振り。売り上げは、豆:カップ=20:80で、カップが圧倒的に多い。カップはブレンド一杯500円、豆は100g千円と、決して安くはない。しかし、一度お客になった人は、必ずこのお店を推薦するほど、豆の品質と鮮度に拘っている。一番人気があるのは、ケニャAAとイルガチェフ。そして、自家製のティラミス。

「人が好き。だから、人が明るくなれるような場所を作りたかった」と、オーナの安さんは言う。そして、人々が集まって楽しめるよう、毎週、音楽会を開き地域の人を呼び寄せている。売り上げが上がるより、音楽会で人が集まってくれるほうが嬉しいと言っているが、果たして本当なんだろうか(笑)

1113.jpg

安さんはここ数年間、珈琲生産地に直接足を運んで、現地の人との交流を深める努力を重ねている。農園のことを知らずには、良い豆を得ることは難しいと、今まで30箇所に及ぶ現地視察を行った。

そして、アンさんは昨年度発足した、韓国のスペシャリティ珈琲協会(SCAK)の初代会長として、韓国の珈琲文化発展のために力を入れている。

ホームページ:http://www.myungga.com/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yunchan1.blog133.fc2.com/tb.php/2-4acd8338

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。