プロフィール

yunchan1

Author:yunchan1
韓国はソウルに住むコーヒーが大好きな女の子です。
(狂っていると言ってもいい!)
コーヒー好きが昂じてコーヒー関連のコラムを書いたりしています。
海外のコーヒーショップにも出かけて行ってコーヒーを飲んでいます。
日本にもちょくちょく来ていますよ。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(2)カンルン(江陸)のボヘミアン(3) 地方出身、有名人

・SINCE 1988、ボヘミアン

ボヘミアン、朴利秋(パク・イチュ)さんの名前はずっと前から聞いてはいた。珈琲好きだったら、ここを知らないと恥を掻くほどの場所。そして、今は美しい東海の波が見渡せるペンション&カフェとして結構有名なデートスポットになっている。珈琲好きって言いながら、行ってないのは多分私くらいだけだと思った。が、私も行ってきた!あのボヘミアンに。

1111.jpg
              入り口にあるポストとガス灯

韓国では「3朴(スリ・パク」と言われるコーヒー業界では知る人ぞ知る有名人がいる。一人は今は亡きパク・ウォンジュンさん、もう一人は現在アメリカに移住、そして最後は今も現役で毎日焙煎室から離れないパク・イチュさんがそうだ。

出来れば、朴さんと話がしたかったが、焙煎室に出入りする彼の雰囲気はとても近寄れるものではなかった。同行してくれた友達は、‘怖い’と小声でつぶやいた(笑)。それは多分いろんな人が来寄って、一々対応仕切れないから、わざっと重い雰囲気を出して、ろ過(?)しているのだと私は読んだ。だって朴さんの顔は、コクがあってまろやかな珈琲そのものだから。

          1114.jpg
           一目で日本製だと分かるカップセット


実は、彼との会話を期待して行ったのだが、お店に入るやその気が薄れ、ただのんびりしたくなってしまったのだ。空いている窓際の席に座り、友達と約束したかのように喋ることも忘れ、ただ海を眺める時間を楽しんだ。珈琲と海と友達。それだけで充分過ぎるくらいだった。

          1115.jpg
               窓際から見える海の景色

在日だった彼は、今は帰化し韓国の景色のいい田舎に住んでいるが、日本で珈琲を学んだおかげで、日本の喫茶店でのそれを楽しませてくれる。私のように10年以上日本に住み、日本の珈琲の濃さ(韓国の珈琲は結構薄い)に慣れている人には、ここの珈琲は懐かしさすら感じさせてくれるのだった。

ブレンド珈琲はいくつかの種類があり、400円~500円位。ネットでの豆販売も上々。販売量などは正確にはわからないが、美味しい珈琲にこだわる、朴さんの思いはしっかりと伝わって来る。帰る道の空、この日は13年ぶりに清明な空だったとニュースがでた。ボヘミアン珈琲の恵みだったかな。



    1116.jpg
スポンサーサイト

コメント

いやー、ボヘミアンのパギチュウさん懐かしいです!
ソウルからカンルンに引っ越されてから会ってないけど、元気にされているようでよかった。
記事を書いてくれてありがとう。  
彼のコーヒーは美味しいぞ!!
2010-07-05 20:49 | COKY #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yunchan1.blog133.fc2.com/tb.php/3-d5a764b6

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。