プロフィール

yunchan1

Author:yunchan1
韓国はソウルに住むコーヒーが大好きな女の子です。
(狂っていると言ってもいい!)
コーヒー好きが昂じてコーヒー関連のコラムを書いたりしています。
海外のコーヒーショップにも出かけて行ってコーヒーを飲んでいます。
日本にもちょくちょく来ていますよ。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭焼焙煎の名人

~ ソ・ドッシク Kaldi coffee club ~

韓国でこれほど炭焼焙煎にこだわっている人がいるだろうか。
「男はタバコと酒とコーヒー好きに限る」と、会うたびに言い、「もうひとつあるんだけど。。」と笑うが、それが何かは言わず、タバコの煙を吐くソさん。

kaldi1.jpg

正直、彼はみんなに優しくするタイプの人ではないが、それはまるで彼が扱う炭の火のようなもの。愛情を注げる豆のような人には、遠赤外線のように深く暖かく接するひとである。
だから、彼のコーヒーを飲むときは、気持ちがいい。彼が焙煎している姿さえ見えるほど、思いがこもっているように思えるのだ。
彼はあまり触れたがらないが、彼の白い髪は、炭を入れだししながら焙煎する時、結構似合ってると思う。
kaldi2.jpg


今は私も住んでいるホンデという町で、25年近く経営しているカルディーは、すっかりホンデの名物コーヒーショップになっている。芸術家の町、ホンデで彼のお店を知らないアーティストは居ないほど。
最近は、有名人がコーヒーを学びに来るので、店長である奥様もともに大忙しい毎日。

一昔は、「このコーヒーはなんでこんなに苦いのですか」とよく聞かれたそうだが、最近は「この苦味が好き」と言ってくれる客が増えてるとか。
そして、お客さんにはお砂糖を入れて飲むことを薦めている。 苦味と甘味が両方楽しめると

kaldi3.jpg

KONO式ドリップとサイフォンにこだわり、それに合う焙煎をする。昨年は、ヘイリという芸術村にもう一件オープンした。直営店にこだわるソさんは、ホンデのお店を奥さんに任せて、本人はヘイリの閑散とした町で焙煎に専念している。

コーヒー会社に入ってから、35年越しのコーヒー人生だが、誰かに焙煎を教えることはまだ自信がないという。焙煎の基本的なことは教えるけど、後は経験を積むのみ!というと、大概の人は「ケチ」というのだそうだ。

飲むと焙煎した人の顔が見えるコーヒー。韓国では、よく「パク・ウォンジュンさんのコーヒーがそうだった」と言われるが、私は残念ながら朴さんのコーヒーを飲んだことがない。だから、私が知る限りソさんしかいない。

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2011-12-09 01:54 | # | [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2012-03-06 12:03 | # | [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2013-01-24 10:41 | # | [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yunchan1.blog133.fc2.com/tb.php/7-b8d822dc

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。